Brilliantテクノロジー

性能と音質へのあくなき探求、理想のマフラー・エキマニを創造するために

エキゾーストシステムブランド「Brilliant(ブリリアント)」のテクノロジー、理想の性能と音質を具体化するためのこだわりについてご紹介します。

「Brilliant」のマフラー・エキゾーストマニホールド(エキマニ)を製作するうえで大切にしていること、それを可能にする設計思想や技術についてご覧ください。

「リアマフラー=音量、エキマニ=音質」という考え方

「Brilliant」のエキゾーストシステムでは、「リアマフラー交換は音量の調節、エキマニ交換は音質の改善」と捉えて製作を行っています。その理由は、エンジンにもっとも近い場所にあるエキマニが音質の決め手になるためです。

もちろんリアマフラーを交換すれば排気音は変わります。しかし、あくまでもリアマフラーは消音器であり、根本的な音質改善は見込めません。
そこで当社では、リアマフラー(テールピース)だけではなく、エキマニから交換するエキゾーストシステムをご提案しています。

エキマニの設計・製造へのこだわり

可能なかぎり等長を実現

エンジンから排出される排気ガスは、それぞれのシリンダーから同量が排出されます。しかし、純正や一部のアフターパーツのエキマニはコストや量産性、エンジンレイアウトの関係で非等長になるケースが多くなっています。「Brilliant」エキゾーストシステムでは、可能なかぎりパイプ長を合わせて等長になるように設計し、排気効率の向上に努めています。その結果、アクセルペダルに追従するダイレクトなフィーリング、圧倒的なトルク感と高出力化が可能になり、理想的な音を創造することができるのです。

絶妙なレイアウトで管長を確保

各シリンダーから排出された排気ガスは、エキマニによって1つにまとめられます。このシリンダーから集合部分までの管長は、エンジン性能や音質に大きく関わる部分。しかし、近年の車はエンジンルームにスペースが少なく、管長を確保することが難しくなっています。「Brilliant」エキゾーストシステムは、狭いエンジンルームでも管長を確保し、なおかつ等長になる絶妙なパイプレイアウトを実現しています。

スムーズな排気による高出力化

エキマニ製作を行ううえで重要なポイントが、いかにスムーズに排気ガスを流すかということ。そのためにはパイプ径や曲げの角度、管長など、さまざまな要素が複雑に絡み合っています。車種やエンジンに合わせた設計はもちろん、細かい加工の積み重ねが欠かせないのです。

理想的な音質の追求

エキゾーストノートは排気ガスの流れに加えて、シリンダー内の爆発やそれによる振動などによって決まります。その中でも重要な要素が振動。この振動を打ち消し合ったり、共鳴させたりすることで音質は大きく変化します。実際には吸排気のタイミングなどさまざまな要因が関係してくるため、それらすべてを複合的に考えて設計を行う必要があります。当社では、理想的な音質を導き出すため、常に研究とテストを繰り返しています。

エンジンにベストなパイプレイアウト

たとえばヨーロッパ車などのV型8気筒エンジンは、左右バンクにエキマニが装着されています。そしてメーカーや車種によっては、左右バンクのエキマニが集合せずに、そのままマフラーにつながっているケースも珍しくありません。これでは4気筒×2の音でしかなく、本物のV8サウンドとはいえません。そこで左右バンクからパイプを集合させることで、エンジンにベストなパイプレイアウトを構築。あくまでも一例ですが、このような車種やエンジンに合わせたメイキングも「Brilliant」エキゾーストシステムの特徴です。

こちらでご紹介している内容は、「Brilliant」エキゾーストシステムの性能と音を実現している一部ですが、これらの積み重ねがエンジン性能を極限まで引き出し、どこまでもつながるレーシングカーのような甲高いエキゾーストノートを生み出しているのです。

  • 理想の音質を実現する職人技、技術に裏付けされたテクノロジー テクニカルガレージササキの特徴
  • Ferrari、Lamborghini、MASERATI、Mercedes-Benz and more 「Brilliant」商品ラインアップ
  • Brilliantの商品購入・ご質問はこちら お問い合わせフォーム